大人の男性は、コードバンの長財布

トップページ > コードバンの長財布について > 長財布に使われるコードバンの種類

長財布に使われるコードバンの種類

一見すると全てのコードバンは同じように思われる方も少なくありませんが、実は大幅に異なっています。
オイル、水染め、蝋引き、ナチュラルと呼ばれる物に分かれており、それぞれ特徴があるので参考にしてください。
ポイントとして挙げられるのは、それぞれの特徴を生かした長財布が多いことです。
水染めと呼ばれるのはアニリンと呼ばれる原料を使って仕上げ染めされている革を指し、オイル染めはなめし加工の時に天然オイルをふんだんに染み込ませた物とされています。
蝋引きは蜜蝋を革に浸透させた物、ナチュラルは艶出し加工だけをした物です。
それぞれ多くの特徴がある為、魅力的と感じるものを選んだほうがいいでしょう。
同じ名称であっても販売している会社によって多様な加工がしてある場合もある為、それぞれを手に取ることで特徴をつかめます。


仕上げ加工によって耐久性の高さや光沢感は大幅に異なり、一番耐久性があるといわれているのは蝋引きで作られた長財布です。
耐久性が高く、労の影響でわずかながら撥水性がある生地として人気です。
ただし、光沢感は薄いため、独自の光沢を求めている人にとっては物足りないでしょう。
艶があるのは昔ながらの水染めですが、残念なことに水に大変弱い為、慎重に使う必要があります。
一番経年の変化を楽しめるのはナチュラル仕上げと呼ばれるもので、何年も持っているだけで大きく雰囲気の異なる財布に変化してくれるのが特徴です。
昨今ではこれらの染め方のほかに、多数のアレンジが加えられているものが登場し、好事家の関心をひいています。
魅力的と感じるものがあればぜひチェックし、仕上げ方を確認して購入しましょう。


仕上げによって手に入りづらいものがあるのもコードバンの特徴といわれており、1年がかりで革を手に入れて制作している会社も少なくありません。
それほどまでにレアな皮として人気が高いからこそ、長財布が売れている理由のひとつといえるでしょう。
良質で世界中どこを探しても供給量が少ないからこそ利用しているところが少なくないといわれています。
取り扱っている会社もほぼ全て財布だけでなく多数の革製品を取り扱っており、革に対しての知識や加工の経験が豊富な職人がそろっている会社です。
使う人の使いやすさを考えて作られており、利用しやすいお財布を提供しているのが特徴といわれています。
購入する時には光沢で選ぶか、財布の中にカードがどれくらい入るか、撥水性があるかを確認して買う人が多いといえるでしょう。

次の記事へ

ページトップへ