大人の男性は、コードバンの長財布

トップページ > コードバンの長財布について > コードバンの長財布をお手入する方法

コードバンの長財布をお手入する方法

毎日使い続けるたびに美しく革が変化していくのを楽しめるのが、革のダイヤモンドといわれるコードバンの魅力です。
毎日使い続けることによって、手の油が付着して少しずつ自分にしか変化しない色に変わっていきます。
毎日乾いた布を使って磨いていてもきれいでいますし、気づいた時に専用の手入セットを使ってきれいにしてもきれいさを保てるのが特徴です。
長く使えば使うほどに味わい深く、使った甲斐があると感じさせてくれる革でできた長財布は、大人の男性にこそ愛されるアイテムといえるでしょう。
革で作られた靴よりも低価格で、手に入りやすいのが特徴といわれており、作っているメーカーもそれぞれ革に対してこだわりが強いメーカーばかりです。
ずっと使い続けられるアイテムを販売するのに、うってつけのメーカーといえるでしょう。


魅力的な飛躍とされているコードバンでできた長財布は、利用しやすく長持ちする最適なアイテムといわれています。
革に強度がありながらしなやかで、使いやすく傷やシミ、汚れにも強いといわれている革でできているから弱点がないと思われがちです。
しかし、実は唯一の弱点として雨や水が挙げられています。
雨や水といったぬれることに弱く、すぐに拭いて染み込まないようにしないと、雨染みと呼ばれるまだら模様が出来上がってしまうのが弱点です。
長年使い続けてせっかく理想の色に仕上げていたとしても、雨や水にぬれてしまうことで全てが水の泡になってしまうことは避けましょう。
ぬれないように水が付かないような場所に保管することや、雨の時に知りポケットに入れたまま外出することを避けることで、ぬれる被害は防げます。


革製品は手入れが難しそうと考える人も少なくありませんが、水にぬれる以外で最強といわれるコードバンの長財布は、普段から柔らかい布を使って拭く程度で十分といわれています。
利用してすぐ拭くことによって汚れが付きにくく、独自の光沢をキープし続けるといえるでしょう。
柔らかい布として一番有名なのは眼鏡拭きです。
眼鏡拭きを使ってきれいに毎日磨き続けることによって、きれいな印象をキープし続けられるといえます。
注意したいのは、力を入れてこすりすぎないこと、できるだけこすりすぎずに柔らかくなでるように拭くことで、きれいなお財布をキープし続けられるでしょう。
利用する時にちょっとしたポイントに気をつけて使い続けることによって、きれいになるといわれています。
独自のカラーに仕上げたいなら丁寧に使うことがおすすめです。

次の記事へ

ページトップへ