大人の男性は、コードバンの長財布

トップページ > コードバンの長財布について > コードバンの財布は生涯使える価格

コードバンの財布は生涯使える価格

質の高さからコードバンは革のダイヤモンドと呼ばれることや、財布の中でキングオブレザーと呼ばれることが少なくありません。
革の絶対量の少なさから呼ばれている名称ではなく、革の質の高さから呼ばれている名称とされていることは事実です。
しかし、それだけでなく、革を採取する方法が宝石の採掘のようであることからも、その名が付けられているといわれています。
実際に通常の牛革のように皮膚の部分をそのまま使うわけではありません。
皮膚の下にある2ミリメートルほどのコードバン層と呼ばれる部分を鑢で少しずつ削っていくことを、宝石を採掘するさまに見立てて、革のダイヤモンドと呼ばれるようになりました。
長財布ひとつとっても、完成するまでに1年近くかかることも少なくないことから、まさしく川の宝石と呼んで差し支えありません。


職人が一つ一つ手作業で1年近くもかけて作る財布だからこそ、他の財布とは一味違って高品質で高価格といわれています。
しかし、ハイブランドと呼ばれるブランド品よりも低価格でありながら、良質で傷害使い続けられる財布を手にできるにしては、低価格といえるでしょう。
良質な革を使って本当にわかる人にだけ届けられるように作られているものだからこそ、持ち主も物の価値がわかっている感性の鋭い人が多いといわれています。
特に耐久性に強いことが特徴で、牛革のものよりも数倍強く、使い続けられるアイテムとして人気が高いことや、傷が付かないように丁寧に使い続けることで、生涯使い続けられるアイテムとなる事も事実といえるでしょう。
光沢が強く、使い続けるほどに微細な傷が目立ってしまう場合もありますが、専用メンテナンスアイテムで丁寧に手入をすることできれいになることが多いといえます。


良質な物ほど光沢があるといわれていますが、それ以外にもメリットが大きいコードバンの場合、予算を確認して購入する人が少なくありません。
高品質で高価格と考える人が多く、一番高額で十数万円します。
その分手作りで障害使い続けられるものとして評価されており、生涯使い続けるためであればこの価格でも納得できるでしょう。
それ以外にも十万円近い物が少なくありませんが、低価格な物であれば五万円前後のものが多く存在しています。
誕生日や結婚記念日、クリスマスのプレゼントに最適といわれていますが、それ以外にも就職祝いに生涯使い続けられるものとしてプレゼントする人も少なくありません。
親が子供に生涯使い続けられるようにプレゼントすることや、恋人ががんばって働けるようにプレゼントする人もいるといわれています。

次の記事へ

ページトップへ