大人の男性は、コードバンの長財布

トップページ > コードバンの長財布について > コードバンで長財布が制作される訳

コードバンで長財布が制作される訳

お金や免許証などの貴重品を入れておくのが、財布です。
形態にも、長財布タイプから二つ折りタイプなど、様々な形態が販売されています。
それぞれの好みや使いやすさから、使う財布は選ばれていきます。
また、使用されている素材にも、種類があります。
革製品としても、財布は大きな地位を確立しており、財布を入れるバックなどにも、革製品は使われています。
バックから財布までの一式を、同じ素材で、同じデザインで揃えることも珍しくありません。
革製品には、美しい見た目と肌触りがあり、持ち心地も良い製品が多いです。
有名な大手ブランドも、毎年素晴らしいデザインで新商品を発表しています。
そんな革製品ですが、コードバンという素材をご存じですか。
もしかしたら、耳にしたことがあるかもしれません。


コードバンというのは、農耕用馬のおしりの部分の皮革です。
1頭からは、限られた量しか取ることができません。
自然と、希少性も高くなっていきましたが、それも仕方のないことです。
長財布をコードバン素材で制作すると、美しい姿となります。
また、肌触りもよく、しっとりとした質感を指に与えてくれます。
男性だと、背広の胸ポケットに入れてますが、会計時にすっと出てくると貫禄を周囲に与えます。
コードバンは、希少性故に値が張りますが、それにみなう価値を持っている素材です。
人気となっているのも、必然的なことといえます。
革製品は、物持ちがよく、すぐに壊れることもありません。
長持ちすることが、購入時の高さを容認しているともいえます。
大切に扱えば、何年もその財布を使用して生活できます。


やがて、現金がなくなってしまうかもしれないといわれています。
これは、お金が価値がなくなるということではありません。
現代では、クレジットカードを始めとした、仮想通貨でも支払いができるようになっています。
そうなってくると、現金を持ち歩くことがなくなってきます。
そうなってくると、自動販売機などの現金が入っている物は、盗まれることがなくなります。
自動販売機で飲み物を購入しても、現金を入れるわけではないからです。
すると、治安に問題のある場所にも、自動販売機を設置することができます。
海外では、もっと進んで浸透してきていますが、日本では現金を主義の人も少なくなります。
完全に移行するまでは、まだまだ時間が必要ですが、移行が終わったら、財布の形態も変化する必要があります。
現金を入れる部分が、必要なくなるからです。

次の記事へ

ページトップへ