もっと住み心地のいい我が家に

最初は不満のなかった家族にぴったりの家も長く住んでいくうちにもっとこうだったら、と思うところが出てきます。
というのも家族は変化していくものだからです。
最初は夫婦二人暮らしだったものが、赤ちゃんが生まれて、幼稚園に上がり、もう一人生まれて家族が増えて、さらに大きくなって勉強部屋が必要になります。
男女の子供で性別が違えばそれぞれに部屋が必要かもしれません。
さらにその子供たちが大学に進学してやがて就職して巣立っていけば今までつかっていた部屋が不要になってしまいます。
さらに年をとって手すりが必要になったり車椅子が必要になった時には一層住まいを変える必要が出てきてしまいます。
こうして家族のステージが変化していくにつれ、最適な住まいも変わっていくのです。
その度に住み替えしていくことは賃貸住宅なら可能ですが持ち家の場合には難しいのが現状です。不動産買取で買い取ってもらい、また気持ちを新たに新しいマイホームに移るというのも手です。
また、リフォームをすることで愛着のある我が家をもっとしなやかに変えていくこともできます。
リフォームの中でも最も需要があるのが増築やバリアフリーです。
増築とは床面積を増やすリフォームのことです。
リビングの吹き抜けをなくして二階の床面積を増やして部屋を増設したり、庭だったところにサンルームを設けたりというのが増設です。
子供が成長して部屋が必要になった場合などに有効です。
そしてバリアフリーは床に段差をなくしたり玄関前にスロープを設けて車椅子で過ごしやすくしたりするものです。
開き戸を引き戸にするのも有効なバリアフリーのリフォームです。
そうして今の家族のかたちに合わせて住みやすくリフォームすることでもっと家に愛着を持って暮らせるようになります。
さらに今話題のリフォームが減築です。
子供たちが巣立ったあと、広すぎる住まいの床面積や部屋数を減らして管理を楽にしたり、生活動線をもっと良くして住み安くかえるというものです。
実績のある工務店はさまざまなリフォームの知恵とアイディアを持っています。
ですので、以前の自宅は不動産買取をしてもらいました。

10年先を見据えたリフォームをご提案します。TBS系[がっちりアカデミー]の番組内で我が社の施工事例が紹介されました!お客様の視点から、お客様が納得するまで、徹底的に打合せを重ねさせていただいてから工事に入ります。お客様のご希望の日時にお伺いさせていただきます。今のお住まいに対する不満を解決します。リフォームのプロがより快適な暮らしをお届け。狭小住宅のリフォーム是非ご相談ください。我が家もリフォームするなら当社へ。